最初が肝心! 赤ちゃんの体とお母さんの食事

赤ちゃんの食事といっても一番最初は母乳や粉ミルクって思いますよね。

でも本当はお母さんのお腹の中にいる時から始まっているんですよ。

お母さんの摂取した栄養をヘソの緒を通じ取り入れる赤ちゃん。と言うことはお腹に子供を宿したその時からお母さんの食事は赤ちゃんと一心同体繋がっていると言うことなんです。

私が初めて妊娠した頃はまだアトピー(食物アレルギー)と言う言葉はそれほど多く聞くことはありませんでしたが、今では遺伝に関係なく3人に1人はアトピーといわれているくらい食物アレルギーを持った子供(赤ちゃん)が増えているようです。

我が家の初めての子は遺伝もありアトピーになったのですが、生まれたては「乳児湿疹」であろうということであまり気にもとめていなかったのです。

1歳の頃にはかなり酷く、目の下がタダレるほどになっていました。

よくよく調べると、赤ちゃんがお腹にいる時にアレルギーになる食事を、親である私が大量摂取していたようです。

つわりもあり、食べれる時に食べたいものばかりを摂ったのも原因の一つで、私の場合は焼き鳥(鶏肉)がむしょうに食べたくて…。

もちろん食べてはいけないのではありません。いろんな栄養を好き嫌いせずに毎日変えて食べる必要があるのです。

赤ちゃんは、アレルギー品目である卵、鶏肉、小麦粉、サラダオイル等、それらを含む食品を毎日食べ続けることで、その食品に対するアレルギーを持って生まれてくるようです(アレルギー品目は人それぞれで、カニや海老などのような甲殻類、お米や芋などの穀物類などにもあります)。

母乳で育てるお母さんは、赤ちゃんがお腹にいる時のみならず、母乳期も食事には気を配らなければなりません。

ストレスを溜めないためにも極度な偏食はさけ食べたい物は少しずつ、それでも無理な時は粉ミルクに頼るようにしましょう。

今はアレルギーの子用の粉ミルクも出ているので、利用するのも一つの手です。